6つの係数の覚え方

試験頻出分野の効率的な覚え方、ゴロ合わせなど、実際に私が使ったちょっとした覚え方のコツをまとめます。 6つの係数の覚え方は「FP2級独学合格ナビにまとめているのですが、こちらにもあげておきます。

私自身は2×3種類に分けて覚えました。まずは終価係数と現価係数。「現在いくら必要か」→現在の価値を知りたい→現価係数と覚えます。「最終的にいくらになるか」→終わりの価値を知りたい→終価係数、と覚えてみればいかがでしょうか。

次に減債基金係数と年金終価係数で1ペア。「積立」と出てきたら減債基金係数か年金終価係数を使います。毎年の積立額を出す場合なら「減債基金係数」で、積立総額を出す場合は、終わりの価値を知りたいので「年金終価係数」を使います。

最後に年金現価係数か資本回収係数で1ペア。「受取」とか「取崩し」というキーワードには「年金現価係数」か「資本回収係数」を使います。「受け取るための原資」を求めたいなら、現在の値を知りたいので年金現価係数、「毎年の受け取り額」を求めたいなら、投下した資本から回収される金額を知りたいので資本回収係数です。

携帯アプリ問題集:電車でとれとれFP3級

電車でとれとれFP3級

 
Android版はこちら
 
iPhone版はこちら