過去問一問一答 金融商品取引法1:有価証券の範囲

携帯アプリ「電車でとれとれ証券外務員一種」の中から「金融商品取引法」の問題をいくつかピックアップ。知識の確認、狙われやすいポイントを解説。

問題

「金融商品取引法上において、貸付信託の受益証券、CP(コマーシャル・ペーパー)および国内CDは有価証券の範囲に含まれる」

○か×か?

解答と解説

×

金融商品取引法上において、貸付信託の受益証券、CP(コマーシャル・ペーパー)は有価証券の範囲に含まれていますが、国内CDは有価証券の範囲に含まれません。なお、抵当証券、カバーワラント及び海外CDは有価証券の範囲に含まれています。

出典:電車でとれとれ 証券外務員一種 2015年版より