証券外務員独学合格のポイント1:満点ではなく7割を目指す

証券外務員二種テストは全部で70問から成り、300点満点で7割(210点)以上得点したら合格です。満点を目指すのではなく如何に効率よく7割をクリアできるかを考えることが大事です。得意科目、不得意科目があるはずで、各科目平均で7割を取れるように目指せばよいです。

完璧に覚えようとすると大して重要でない論点に深入りしてしまい効率が悪くなります。過去問等を参考に重要だと思われる箇所を中心に7割程度マスターすれば合格できる、という気持ちがよいです。逆に言えば7割でよいので、捨てる問題があってもよいのです。私自身も「協会定款」や「取引所定款」といったあたりはどうも勉強する気になれず(面白くなく)、体系的に勉強するというよりは、過去問をひたすら解いて出そうな問題だけを覚えただけでした。

対策としては参考書や問題集を買って勉強するのもよいですが、問題演習には携帯アプリを使うのも効率的だと思います。電車移動の時間などの待ち時間が有効に使えるのが証券外務員二種対策の携帯アプリです。携帯アプリは価格も安いものが多いです。コストパフォーマンスに優れた試験対策ができるのが証券外務員二種アプリによる学習と言えるでしょう。