過去問一問一答 債券業務2:長期国債

携帯アプリ「電車でとれとれ証券外務員二種」の中から「債券業務」の問題をいくつかピックアップ。知識の確認、狙われやすいポイントを解説。

問題

「超長期国債、長期国債、中期国債、短期国債のうち、発行残高がもっとも大きいのは短期国債である。」

○か×か?

解答と解説

×

発行残高がもっとも大きいのは長期国債(10年)です。例えば日経新聞は1面に、日経平均株価やドル円レートなどとあわせて新発10年国債の利回りが載っています。つまりそれだけ10年国債=長期国債は有名=発行量も多いわけです。なお、長期国債は公募入札方式で発行されます。

出典:電車でとれとれ 証券外務員二種 2014年版より