PER、PBR、ROE・・・英語は基の意味を

証券外務員二種テストでは、PER、PBR、ROEなどの意味を確実に抑える必要があります。ですがこれらの単語の意味を丸暗記しようとしてもなかなかうまく行きません。

例えばROEは利益÷株主資本で計算されるということを覚えたいわけですがこれを丸暗記しようとしても忘れます。ちょっと遠回りになりますが、その英語が何という英単語の略かを覚えることが大切です。つまりROEは「Return On Equity」を省略したものですが、この「Return On Equity」ということを覚えておくことが大切ということです。ここまで覚えれば、エクイティは株式という意味だったな、オンは上で、リターンは利益だよな、と日本語に訳せれば、エクイティの上のリターン→分数でいえば分子(上)がリターンで、分母がエクイティつまり「利益÷株主資本」というふうに計算式を思い出すことができます。

株価収益率PERは、Price Earning Ratio 。プライスは価格=株価、アーニングは稼ぎ=利益、レシオはレート、なので、株価と利益の比率だったから、株価÷利益(1株あたり利益)で求められるな、と分かるわけです。利益は「1株あたり利益」でなければなりませんが、このあたりはロジックを覚えれば簡単。株価は1株あたりの価格で出しているので、利益も1株あたりの利益にしないと釣り合わないからそうしているだけです。

株価純資産倍率PBRは、Price Bookvalue Ratio。プライスは価格=株価、Bookvalueは帳簿上の価格というイメージで純資産、なので、株価と1株あたり純資産との倍率、と理解できます。