過去問一問一答 権利関係6:成年被後見人の取り消し

過去問一問一答携帯アプリ「電車でとれとれ宅建」の中から「権利関係」の問題をいくつかピックアップ。知識の確認、狙われやすいポイントを解説します。

宅建過去問一問一答 問題

「成年被後見人が行った法律行為は、事理を弁識する能力(判断能力)がある状態で行われたものであっても、取り消すことができる。ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為については、この限りではない。」

○か×か?

宅建過去問一問一答 解答と解説

<解答>

<解説>
記述のとおりです。成年被後見人が行った法律行為は、日用品の購入その他日常生活に関する法律行為を除いて、取り消すことができまする。この場合、成年被後見人が事理を弁識する能力(判断能力)がある状態で行われたものであっても同様です。

出典:電車でとれとれ 宅建 2015年版より