宅建士試験独学合格の鍵は宅建業法

宅建士試験に効率よく合格するには7割を目指すことが大切です。しかし宅建業法に関しては8割を目標にしてほしいところ。宅建業法は50問中20問の出題と多くの問題が出題されます。民法と比べて過去問の繰り返し、焼き直しが多く、その分合格者はこの宅建業法で稼ぎます。

宅建業法の攻略は過去問演習、携帯アプリの活用も

したがって、宅建業法で80%の正解率を目指すには、過去問演習が大事ということになります。暗記をしなければならないテーマも多いですが、過去問演習で大事な論点を一通り整理しておけば8割の正解はできると思います。宅建試験の合否の鍵は、宅建業法で8割をとれるかどうか、と言えます。人気携帯アプリ「電車でとれとれ」は過去問をベースに狙われやすい論点を一問一答型にしたものです。もしよかったら活用してみてください。