宅建試験の合格点、合格率

難易度が高いと言われる宅建士試験、何点取ったら合格できるのでしょうか?下の表のように合格率はおおよそ15~17%前後になります。合格点数は32~36点。上位15~17%程度の人を合格させるようにしているということなので、問題が簡単ならば合格点は上がり、問題が難しければ合格点は下がるということになります。そしてこの合格点ギリギリのところで落ちる人も多いです。あと1問正解だったら合格だったのに、という人はたくさん知っています。上位15~17%の人しか合格できないという点からは確かに難易度は高いと言えるでしょう。

<宅建試験の合格点、合格率の推移>

2014年(平成26年) 32/50 17.5%
2013年(平成25年) 33/50 15.3%
2012年(平成24年) 33/50 16.7%
2011年(平成23年) 36/50 16.1%
2010年(平成22年) 36/50 15.2%
2009年(平成21年) 33/50 17.9%
2008年(平成20年) 33/50 16.2%
2007年(平成19年) 35/50 17.3%
2006年(平成18年) 34/50 17.1%
2005年(平成17年) 33/50 17.3%

目指すべき点数

宅建士試験で目指すべき点数は35点が目安と言えるでしょう。つまり7割の正解率があればいいということです。逆に満点はいらないわけで、宅建士試験に独学での合格を目指す場合、7割を取ることを目標に、どのように点数を稼いでいくか、自分なりの作戦が必要ということになります。分野別にみると「宅建業法」が50問中20問ありますので、この「宅建業法」の攻略がカギになると言えます。効率的に合格点を取るには、テキスト中心にするよりも、過去問を中心にした演習を中心にして知識を肉付けしていく方が早いと思います。過去問をベースにした携帯アプリの利用もよいでしょう。「電車でとれとれ宅建」は試験傾向の分析から、狙われるだろう分野を中心に問題を作っています。